問合せ管理ツール

問合せ管理ツールを使って何が出来るのか

企業には毎日さまざまな問合せや各種手続きなどで、多くの顧客などからの問い合せが入ってきます。大規模な取り扱い業務や大企業になるほど、さまざまな問合わせの処理をしているだけでも、相当な時間や尽力がそこに割かれてしまい、本来の業務に支障をきたしてしまうことも多いものです。そこでこのような事態を少しでも軽減させておくための役割を担っているのが、問合せ管理ツールであり、導入を検討している方も近年では多いです。問合せに関して全体的にこれが集中して管理してくれるので、スムーズに作業が進みますし、本来の業務と並行して時間を有効に使うことができます。近年ではインターネットを使って、クラウドを利用してメールや電話による問合せを一元管理や他と共有ができるようになるなど、利便性もますます向上しています。

問合せ管理ツールには多くのメリットがあります

問合せ管理ツールを使うことで、従来の方法では人的作業によって起こりがちだった、対応の遅延や漏れや二重対応というようないくつものミスが防止できるというメリットがあります。顧客からの問合せをスムーズに処理して、正確に次の段階へと繋げて問合せに的確に答えることができることで、のちのち企業の信頼にも繋がってくると同時に、顧客満足度も高くなっていきます。また導入前には作業に手間取っていた人手や時間などもツールによって大幅にコストダウンができることで、時間も短縮でき、人材の費用面でもコストパフォーマンスが良くなるなど費用面での大きなメリットも生まれてきます。初期導入コストやメンテナンスなどの費用を上回るほどの大きなメリットがあることで、近年では多くの企業が問い合せ管理ツールの導入を検討しています。

問合せ管理ツールのデメリットもよく知って利用する

反対に、問合せ管理ツールのデメリットとしてあげられるものとしては、オンラインで問合わせ管理ツールを利用している以上、停電や何らかの機械的故障などが生じた時のオフラインでの環境では使用ができないことです。インターネット障害が発生した際に速やかに対処することが重要になってきますので、導入と同時にメンテナンスも重ねて契約をすることが多いです。そして万一の時の情報漏れなどといったセキュリティ面でのデメリットも考えておく必要があります。一応クラウド型の場合にはセキュリティも強固でありますが、それでも絶対ということはありませんので、時に顧客情報などのデータを外に保存する時の情報流出などには神経を使わなければならないです。メリットも多い問合せ管理ツールですが、デメリットの点も理解した上で利用をすることが必要です。

大手流通企業や鉄道、航空会社から中小企業まで、多くの導入実績があります。 SaaSならではの多彩なサービスプランがあり、利用規模に沿ったサービス提供が可能です。 格安なスモールスタートプランもご用意しています。 実際にシステムに触れていただく、無料トライアルやハンズオンセミナーを実施しています。 ITIL運用に沿ったITシステム運用が即座にスタート。 業務の効率化!!問合せ管理ツールならSmartStage