VAPEの健康被害と安全性

電子タバコVAPEは、電気でリキッドを加熱して発生した水蒸気を吸うタイプの製品であり、国内で販売されているものにはニコチンが含まれていません。国内では販売許可が出ていないためです。禁煙の代替物として期待されている向きもありますが、タバコほどの刺激がないため、禁煙時には物足りなく感じる可能性があります。煙に発ガン性があるとの指摘がありますが、想定外の使用条件で発生したものであり、通常の使用ににおいては問題ないとされています。電子タバコには、IQOS、Ploom、VAPEなどブランドがありますが、一般に電子タバコと言う場合は、VAPEを指すことが大半です。海外では電子タバコによる有害性を指摘した論文が発表されていますが、タバコに比べて格段に少ないことも確認されています。そのため、禁煙し電子タバコに切り替えることは推奨されている状況です。タバコ経験者には物足りないと感じさせる点で、気を紛らわせたり、間に合わせとしての位置づけになっています。

禁煙するためにVAPEを利用する

電子タバコVAPEのカルチャーが海外で浸透し、国内でも広がりを見せています。火を使わず有害物質を出さないメリットやおしゃれでスタイリッシュな外観から、若者に受け入れられてきている状況です。禁煙のために切り替えると、ヘビースモーカーにとっては物足りないといった意見があります。国内ではニコチンを含んだ製品は規制されていますので入手できません。したがって、禁煙中の気持ちを紛らわすことに使うといったスタイルになりがちです。もちろん製品を気に入ってそのまま使い続けるケースもあります。VAPEが禁煙に有利なもう一つの理由は、ランニングコストが格段に安いということです。初期費用は本体を購入するために必要となり、1万円前後必要となってしましますが、通常使用時はタバコに比べ桁違いに安いことに注目してください。コスト面で電子タバコに切り替える喫煙者がいる理由です。

VAPEは多様なデザインが魅力

電子タバコVAPEは、リキッドを加熱して水蒸気を吸うため、有害な成分が外に漏れ出さないといった特徴があります。副流煙が外に出ないので、他人の健康を損なう二次被害が発生しません。タバコに比べて安価に利用できるため、禁煙アイテムとして重宝される側面があります。しかし、VAPEに人気があるのそれだけではありません。若者など新規利用者に注目されるその理由は、デザイン性に優れたその外観です。ファッション豊かな新商品がたくさん販売されていますので、自らの趣味趣向に合った製品を選ぶことができるが魅力となっています。海外の有名芸能人がSNSなどで、VAPEを手にしている写真などを掲載しているのも影響しています。また、リキッドには、メントール、フルーツなど多様なフレーバーが良いされており、飽きない工夫がされています。リキッドの混合、爆煙タイプへのチャレンジなど、楽しみ方も提案されています。